二次面接への臨み方

履歴書やエントリーシートなどの書類選考、一次面接を突破したら、次に待っているのが二次面接です。

ここでの面接官は、配属されることになる部署の責任者が担当することが多いです。

一次はどちらかと言えば人柄重視の選考で、二次ではスキル面を重視した選考になると言えます。

自分がこれまで培ってきた経験やキャリアを、自分の言葉で、熱意をもってアピールすることが大切です。

面接官もその人材がこれまでどのような仕事をしてきたのか、その経験をこの会社でどのように生かせるのかという点を意識してチェックしてきます。

マニュアルや小手先の受け答えではなく、例え多少つまずいても、オリジナリティのある言い回しで誠意をもって接した方が、面接官にとっても好印象となります。

一次を突破した時点で人柄は合格したということなので、二次ではスキル、キャリアを大いにアピールし、その次に続く最終面接、そして採用決定まで、一気に階段を駆け上がりましょう。